2015-09-12

尾崎豊《Oh My Little Girl》

歌曲名稱:尾崎豊《Oh My Little Girl》
專輯名稱:尾崎豊《十七歳の地図》
唱片公司:Sony
發行日期:1983年
作  曲:尾崎豐
作  詞:尾崎豐
編  曲:
監  製:



尾崎豊《十七歳の地図》





こんなにも 騒がしい 街並に たたずむ君は
とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ
街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに 微笑みながら
凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ

Oh My Little Girl 暖めてあげよう
Oh My Little Girl こんなにも愛してる
Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら
いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ

君の髪を 撫でながら ぼんやりと 君を見てるよ
甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を

Oh My Little Girl 素敵な君だけを
Oh My Little Girl こんなにも愛してる
Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け
いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ

Oh My Little Girl 暖めてあげよう
Oh My Little Girl こんなにも愛してる
Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら
いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ


[2005 September 12]

2007-05-06

尾崎豊《I Love You》

.
歌曲名稱:尾崎豊《I Love You》
專輯名稱:尾崎豊《十七歳の地図》
唱片公司:Sony
發行日期:1983年
作  曲:尾崎豐
作  詞:尾崎豐
編  曲:


尾崎豊《十七歳の地図》





I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ
I love you 逃れ逃れ辿り着いたこの部屋
何もかも許された 恋じゃないから
二人はまるで 捨て子猫みたい
この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい
だからおまえは 小猫の様な泣き声で
きしむベッドの上で 優しさを持ちより
きつく躰 抱きしめあえば
それからまた二人は 目を閉じるよ
悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に

I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある
I love you 今の暮しの中では 辿り着けない
ひとつに重なり 生きてゆく恋を
夢見て 傷つくだけの二人だよ
何度も 愛してるって聞くおまえは
この愛なしでは 生きてさえゆけないと
きしむベッドの上で 優しさを持ちより
きつく躰 抱きしめあえば
それからまた二人は 目を閉じるよ
悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に

2007-05-06

尾崎豊《15の夜》

.
歌曲名稱:尾崎豊《15の夜》
專輯名稱:尾崎豊《十七歳の地図》
唱片公司:Sony
發行日期:1983年
作  曲:尾崎豐
作  詞:尾崎豐
編  曲:


尾崎豊《十七歳の地図》





落書きの教科書と外ばかり見てる俺 超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる
やりばのない気持の扉破りたい 校舎の裏 煙草をふかして 見つかれば逃げ場もない
しゃがんでかたまり 背を向けながら
心のひとつも解りあえない 大人達をにらむ
そして仲間達は今夜 家出の計画をたてる
とにかくもう 学校や家には帰りたくない
自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている
15の夜

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ
誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした
15の夜

冷たい風 冷えた躰 人恋しくて 夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき走り抜ける 
闇の中 ぽつんと光る 自動販売機 100円玉で買えるぬくもり 熱い缶コーヒー握りしめ
恋の結末も解らないけど 
あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる
大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ
退屈な授業が俺達の全てならば
なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な
15の夜

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ
覚えたての煙草をふかし 星空を見つめながら 自由を求め続けた
15の夜

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ
誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした
15の夜

2007-05-05

尾崎豊《卒業》

.
歌曲名稱:尾崎豊《卒業》
專輯名稱:尾崎豊《卒業/15の夜》
唱片公司:Sony
發行日期:年
作  曲:尾崎豐
作  詞:尾崎豐
編  曲:




校舎の影 芝生の上 すいこまれる空
幻とリアルな気持ち 感じていた
チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り
何に従い 従うべきか考えていた
ざわめく心 今 俺にあるもの
意味なく思えて とまどっていた

放課後 街ふらつき 俺達は風の中
孤独瞳にうかべ 寂しく 歩いた
笑い声とため息の飽和した店で
ピンボールのハイスコアー 競いあった
退屈な心 刺激さえあれば
何でも大げさにしゃべり続けた

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過ごした ひとつだけ 解っていたこと 
この支配からの 卒業

誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり
自分がどれだけ強いか 知りたかった
力だけが必要だと 頑なに信じて
従うとは負けることと言いきかした
友だちにさえ 強がって見せた
時には誰かを傷つけても

やがて誰も恋に落ちて 愛の言葉と
理想の愛 それだけに心奪われた
生きる為に 計算高くなれと言うが
人を愛すまっすぐさを強く信じた
大切なのは何 愛することと
生きる為にすることの区別迷った

行儀よくまじめなんて クソくらえと思った
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過ごした
ひとつだけ 解ってたこと
この支配からの 卒業

卒業して いったい何解ると言うのか
想い出のほかに 何が残るというのか
人は誰も縛られた かよわき子羊ならば
先生あなたは かよわき大人の代弁者なのか
俺達の怒り どこへ向うべきなのか
これからは 何が俺を縛りつけるだろう
あと何度自分自身 卒業すれば
本当の自分に たどりつけるだろう

仕組まれた自由に 誰も気づかずに
あがいた日々も終る 
この支配からの卒業
闘いからの卒業

FC2訪問流覽排行榜

加為好友

部落格好友一覽

自我介绍自我介绍自我介绍

Mandie

Author:Mandie

FC2計數器FC2計數器FC2計數器
類別類別類別
月份存檔月份存檔月份存檔
<%plugin_first_title>Fancy 唱片架<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>Fancy 播放器<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>Fancy 的連結<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月曆<%plugin_first_title>
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<%plugin_first_title>最新留言<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSS連結<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>搜尋欄<%plugin_first_title>

Powered by FC2 Blog